文部科学大臣認定「産業数学の先進的・基礎的共同研究拠点」九州大学マス・フォア・インダストリ研究所

斜面崩壊発生メカニズムの追求と環境負荷低減型斜面災害対策(第1回)|共20210016

カテゴリー:イベント

タグ: プロジェクト研究 短期共同研究 

開催方法Zoomミーティングによるオンライン開催
場所オンライン
主要言語日本語

研究計画題目:斜面崩壊発生メカニズムの追求と環境負荷低減型斜面災害対策
研究代表者:ハザリカ へマンタ(九州大学大学院 工学研究院・教授)

オンデマンド配信

視聴には氏名とメールアドレスの登録が必要ですがどなたでもご覧いただけます。
※動画のダウンロードはできません。


//本オンデマンド配信の視聴に際し、以下の行為については固く禁じます//

※個人の利用及び二次利用など、いかなる理由に関わらず、無断でパソコン・カメラ・スマートフォンなどの記録媒体にデータを保存すること(スクリーンショットを含む)
※視聴サイトに掲載の発表データ(スライド、画像、動画など)を無断で引用・転載等をすることプログラム

プログラム

9月11日(土)

9:30- 9:35
代表挨拶
Hemanta Hazarika(九州大学・工学研究院)

9:35-10:05
Philip Broadbridge(La Trobe大学・名誉教授)
Modelling downslope soil-water flow under rainfall- Its role in slope Instability –
(雨時に斜面内の水流とこれらが斜面安定に及ぼす影響)

10:05~10:10 休憩

10:10~10:40
Philip Broadbridge(La Trobe大学・名誉教授)
Smoothed particle hydrodynamics mesh-free numerical modelling of a landslide
(メッシュフリーSPH法による地すべりの数値解析)

10:40~10:50 休憩

10:50~11:35
佐野 理(東京農工大学・名誉教授)
粒状体中の巨視的空洞を過ぎる粘性流とその崩壊機構 I

11:35~11:40 休憩

11:40~12:25
佐野 理(東京農工大学・名誉教授)
粒状体中の巨視的空洞を過ぎる粘性流とその崩壊機構 II

12:25~12:30
講評
福本康秀(九州大学・IMI)


第2回目の公開プログラムは下記の日程で開催します