文部科学大臣認定「産業数学の先進的・基礎的共同研究拠点」九州大学マス・フォア・インダストリ研究所

同種写像理論とその暗号への応用|共20210008

カテゴリー:イベント

タグ: 若手研究 短期共同研究 

開催方法Zoomミーティングによるオンライン開催
場所オンライン
主要言語日本語

研究計画題目:ラマヌジャン・グラフの整数論による耐量子計算機暗号へのアプローチ
研究代表者:Jo Hyungrok(横浜国立大学先端科学高等研究院・特任助教)
研究実施期間:2021年8月30日(月)~ 2021年9月2日(木)
2021年12月13日(月)~ 2021年12月17日(金)
公開日2021年8月30日(月)

オンデマンド配信

※視聴には氏名とメールアドレスの登録が必要ですがどなたでもご覧いただけます。
※動画のダウンロードはできません。

//本オンデマンド配信の視聴に際し、以下の行為については固く禁じます//

※個人の利用及び二次利用など、いかなる理由に関わらず、無断でパソコン・カメラ・スマートフォンなどの記録媒体にデータを保存すること(スクリーンショットを含む)
※視聴サイトに掲載の発表データ(スライド、画像、動画など)を無断で引用・転載等をすることプログラム

プログラム

8月30日(月)

13:00-13:10
Opening remark

13:10-14:10  
桂 利行(東京大学大学院数理科学研究科・特任教授)
Decomposed Richelot isogenies of curves of genus 3

14:20-15:20
神戸 祐太(立教大学理学部数学科/すうがくぶんか・講師)
Solving the constructive Deuring correspondence via the Kohel-Lauter-Petit-Tignol algorithm

15:30-16:30
小寺 健太(大阪大学大学院工学研究科/三菱電機情報技術総合研究所・研究員)
同種写像暗号CSIDHの高速化に向けた効率的な同種写像計算

16:30-16:40
Closing remark

アブストラクト