文部科学大臣認定「産業数学の先進的・基礎的共同研究拠点」九州大学マス・フォア・インダストリ研究所

ワークショップ:耐量⼦署名⽅式の設計と安全性の数理|2024a023

カテゴリー:イベント

タグ: 若手研究 短期共同研究 

開催概要

  • 開催方法:九州大学 伊都キャンパスとZoomミーティングによるハイブリッド開催
  • 開催場所:九州大学 伊都キャンパス ウエスト1号館 D棟 4階 IMIオーディトリアム(W1-D-413)
  • 主要言語:日本語
  • 主催:九州大学マス・フォア・インダストリ研究所、
  • 種別・種目:若手・学生研究-短期共同研究
  • 研究計画題目:耐量子計算機暗号の社会実装に向けた数理基盤の研究
  • 研究代表者:相川 勇輔(東京大学大学院情報理工学系研究科・助教)
  • 研究実施期間:2024年7月16日(火)~ 2024年7月19日(金)
  • 公開期間:2024年7月16日(火)~2024年7月17日(水)
  • 研究計画詳細https://joint1.imi.kyushu-u.ac.jp/research_chooses/view/2024a023

プログラム

7月16日(火)【公開】10:15-16:40

10:15-10:30

本勉強会の主旨説明

10:30-11:30

相川 勇輔(東京大学)

Deuring対応の暗号応用:同種写像求解および署名設計

13:00-14:00

穴田 啓晃(明治学院大学)

耐量子ディジタル署名の対称鍵要素からのMPC-in-the-Headによる構成について

14:20-15:20

成定 真太郎(KDDI総合研究所)

シンドローム復号問題の求解アルゴリズムの研究動向

15:40-16:40

相川 勇輔(東京大学)

符号理論に基づくデジタル署名の設計

7月17日(水)【公開】10:30-16:40

10:30-11:30

上村 周作(KDDI総合研究所)

Lattice Isomorphism Problemに基づく署名方式と安全性評価

13:00-14:00

廣瀬 勝一(福井大学)

ハッシュ関数を用いたデジタル署名方式

14:20-15:20

池松 泰彦(九州大学)

UOV署名方式とその改良について

15:40-16:40

古江 弘樹(NTT)

剰余環構造を⽤いたUOV 署名⽅式の効率化について(QR-UOV)

7月18日(木)【非公開】

7月19日(金)【非公開】

申込方法

事前申込制(組織委員,講演者のかたも登録が必要です)
参加無料
定員になり次第,参加登録を締め切らせていただく場合がございます.

\下記URLより参加登録をお願いいたします/

Zoom(オンライン)からご参加の方

Zoomを使ったオンライン開催,ハイブリッド開催の場合

参加登録後に件名[九大IMIより]Zoom用URLのお知らせというメールがimikyoten@gmail.comから自動配信されます.
届いていない方は,お手数をおかけしますがもう一度ご登録いただくか下記にメールにてご連絡をお願い申し上げます.
(迷惑メールフォルダもご確認お願いいたします)

<九州大学マス・フォア・インダストリ研究所 共同利用・共同研究拠点事務室>
imikyoten(at)jimu.kyushu-u.ac.jp
(at)を@に変更してください

Zoomについて

開催日までにZoomアプリをインストールしてください.
Zoomアプリは無料版で問題なくご視聴いただけます.

ミーティング用Zoomクライアントのダウンロードは下記からお願いします.
すでにインストールされている方は最新版にアップデートをお願いいたします.
https://zoom.us/download#client_4meeting

パソコンやスマホへのインストール方法は下記をご参照ください.
https://zoom.nissho-ele.co.jp/blog/manual/zoom-install.html