文部科学大臣認定「産業数学の先進的・基礎的共同研究拠点」九州大学マス・フォア・インダストリ研究所

🆕(2020年度採択)シェル理論・膜理論への微分幾何学からのアプローチとその建築曲面設計への応用|研究代表者:早川 健太郎(京都大学大学院工学研究科建築学専攻)

カテゴリー:委員長’s Choice

意匠性と施工性に優れたシェル・膜構造を力学的・幾何学的な観点から組織的に構築することを目指し,可積分離散曲面論を実際に建築に活用しようという意欲的な試みです.数学と建築の若手研究者2名ずつを中心に立案され,建築分野の中堅の研究者が全体を見渡しながら支援するという形の計画で,建築の古典的な手法と先進的な数学をつなぐように,内容と計画は十分に時間をかけて綿密に検討され,その上で実際の共同研究作業が行われています.建築の具体的な問題から生起した,古典と先進,理論と実装,考察と作業のバランスがよい短期共同研究です.