文部科学大臣認定「産業数学の先進的・基礎的共同研究拠点」九州大学マス・フォア・インダストリ研究所

🆕(2020年度採択)特異点の視点からの異分野探訪|研究代表者:加葉田 雄太朗(長崎大学情報データ科学部)

カテゴリー:委員長’s Choice

特異点論のさまざまな分野への応用を目指して,トポロジー・特異点論の若手研究者が九州大学の統計学,芸術工学,医学,情報科学の研究者たちと議論を行って問題の発掘を行ったものです.議論されたテーマは因子分析の評価関数の最適解,曲線族の特異性と生物リズムや医療画像解析,特異点論の情報科学への応用などで,テーマによって内容の深浅や温度の違いはあれ,新たな研究を開拓するための第一歩として短期研究員制度を使っていただいたよい例だと思います.実際,いくつかのテーマについては具体的な共同研究に向けて活動が開始されているようです.このような地道な活動を粘り強く続けて,是非新しい展開につなげていただければと思います.